【2種免許教習1日目】教習所生活開始!教習前に受けた学科テストの点数が酷くてびっくり・・・

ぶっちーです。

ご存知かと思いますが、タクシードライバーになるには「2種免許」が必要です。


2種免許を取るには21歳以上の方で、普通免許などを取得してから3年以上立てば誰でも取得することができます。





2種免許は持っていませんので、会社負担(条件あり)で2種免許を取ることができる自動車学校に通うことになりました。

スポンサードリンク

2種免許教習1日目 免許有資格者なのに学科の点数が酷いことに

教習所生活は合計8日間。

教習所での卒業検定を合格すれば、試験上での技能試験を免除することができます。

これは1種免許と一緒ですね。


中には指定校ではなくて認定校に行かされる会社もあり、その場合は技能試験を受ける必要があります。
試験場での技能試験の相手は警察官。

合格率が低く、難易度がぐっと上がります。

IMG_5796


2015/12/16(水)

教習所生活1日目。


まずは2種免許取得までのカリキュラムの説明を受け、適性検査と実力テストとして仮免の学科試験を受けることに。


50点満点で45点以上が合格であるのに対して、点数は・・・




30点。笑


一緒に受験した中でいちばん年齢が若いのに関わらず、最低点数でした(;・∀・)



どんだけ忘れてるんだ。ヤバすぎる。



そんなこんなで、教習所生活のはじまり。


初日は学科4時間に技能3時間受け、さすがにヘトヘト(;´Д`)


それでも、これから新しい生活がはじまるんだ!と思うとワクワクしてきます。


まずは8日間で教習所を無事卒業して、学科試験も1発で受かるように頑張るぞ!!


では、今回はこの辺で。




スポンサドーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です