2016年4月より首都高速の料金体系が変更!短距離区間は値下げへ!タクシードライバーにとっては嬉しい変更へ♪

a0008_000483

2016年4月より、首都圏の高速道路の料金体系が変更されました。

詳しくはこちら。


今回の変更はタクシードライバーにとってかなり恩恵を受けるものとなります。


長距離区間は値上げとなりますが、逆に短距離区間は値下げされました♪

どのような変更となったのでしょうか。

簡単に解説しますね。

スポンサードリンク

首都圏の高速道路料金体系が統一へ!どのルートを通っても同じ料金になるように変更

今回の料金体系は、おおざっぱに言うと・・・

対距離制を基本とした料金体系に整理・統一

→2区分の車種から5区分へ(軽自動車・中型・特大車の区分を追加)


→料金体系が対距離制へ移行(上限・下限あり)
shutoko_graph
料金詳細 「首都高速」より参照

料金体系が対距離制へ移行することになり、下限が300円・上限が1300円となりました。
上限が1300円というと、390円の値下げになりますね。

どの経路を選択しても同じ料金になるように変更

例えば、厚木から久喜に行くとすると、圏央道経由と首都高経由が考えられますが、どの経路を選択しても同じ料金になるように変更されました。

詳しくはこちら。

首都高の短距離利用だと料金が安くなる!タクシードライバーにとっては恩恵を受けることが多い!


今回の料金体系はタクシードライバーにとっては恩恵を受けることが多くなります。

それは、短距離利用の場面が多いから。


先日も、芝公園から三軒茶屋まで高速で利用しました。

3月末までの料金は610円。


4月からは450円と160円も安く使えることに!


おまけに大橋JCTの渋滞も少し緩和され、お客様も

「こんなに安く高速乗れるのか!」

とびっくりしてました。

今回の料金変更で、個人的に使えそうな区間はこちら。


区間 移行前 移行後 差額
用賀〜渋谷 610円 420円 △190円
渋谷〜霞ヶ関 510円 320円 △190円
用賀〜池尻 510円 350円 △160円
荏原〜飯倉 510円 350円 △160円
空港西〜飯倉 720円 600円 △120円
霞ヶ関〜高井戸 720円 600円 △120円

他にも色々ありますが、高速料金350円だと4メーターほど。
信号で7分止まれば360円上がりますので、高速を使うと同じ料金で時間を節約することができます。

短距離利用だと、お客様にとってもドライバーにとっても恩恵を受けます。


反対に長距離だと値上げになってしまいますが・・・


長距離を利用されるお客様は高速利用が前提ですし、そもそも400円ほど料金が変わった所で文句を言ってくる方はいないです。
文句を言う方はそもそもタクシー使いませんしね。

あとがき

ってことで、今回の料金体系変更はタクシードライバーにとって恩恵を受けるものとなりました。

高速を上手く使って営業に役立てたいですね!

スポンサドーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です