売上や営業回数より安全運転で帰ってくることが大事なんだと痛感【新人ドライバーの苦悩】

普通免許を取得して約8年。

今まで事故という事故を起こしたことはなかった。


自分では安全運転を心がけている方だと自覚していた。


けど、起こってしまった。

IMG_6414

スポンサードリンク

2日間で2回も事故を起こしてしまった(>_<)

タクシードライバーというのは、いつも知っている道を走行するわけではない。


お客様からの指示を受け、時には狭い路地を走行することがある。


そのような場合でも、常に安全運転でお客様を目的地までお送りすることができるのがプロのドライバーだ。


ただ、その自覚が自分には足りなかったみたい。


2日間で2回も事故を起こしてしまった。


1回目は、停車している車の死角から飛び出してきた自転車に気がつかず接触。


2回目は、狭い路地を右折しようとした際に車の右後輪を電柱にこすってしまった。。。


どちらとも、幸い大事には至らず事故扱いにはならなかったが・・・(相手の方が本当に優しい方でした)


2日間で2回もこのような事故を起こしてしまった自分の意識が甘かった。


もちろん、会社の管理者から意識が甘い!とこっぴどく怒られた。


いつも知っている道を通るとは限らない。


はじめて走行する道ももちろんある。


お客様からいきなり指示を頂いてとっさに進路変更しなければいけないときもある。


そのような場合でも常に冷静に、確実に安全運転できるようにならなければいけないんだ。


今回の事故は、安全運転に関する意識の甘さが露呈してしまったことを痛感した。

新人時代に大失敗をしてしまったことを後輩ドライバーに伝えていきたい

今回の事故は、自分の運転意識について考えを改めさせるきっかけになった。

売上や営業回数を上げるより、無事故・無違反で、お客様に不快な気持ちを与えずに無事に目的地までお送りすることがはるかに大事。


ブログにカミングアウトするかしないかで相当迷ったが、新人時代に大失敗をしてしまったことを後輩ドライバーに伝えていきたいと思い、今の気持ちを残しておくことにした。


当分は事故恐怖症でうまく運転することができないだろう。


それでも、安全に、確実に目的地までお送りできるように丁寧な運転をしていこう。


自分はまだまだ技術的にも新人のドライバー。


焦って無理する必要はないんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です